復興

2011年6月 7日 (火)

瓦礫の処理について岩井國臣のtwitterログ

20110607
瓦礫の処理について岩井國臣のtwitterログ

kuniomi 岩井國臣

市町村がその気にならなければ被災の復旧は始まらない。市町村はもたもたするな!!!喝!!!
5分前

kuniomi 岩井國臣

細かいことはいろいろあると思うが,ともかく瓦礫の処理に建設会社,それもできればジョイントベンチャーを使うことだ。やるかやらないかは市町村の意思次第。市町村はやる気を出してやれ!!!市町村は被災との復旧を急げ!!!
6分前

kuniomi 岩井國臣

市町村が指示する「受注業者が守るべき配慮事項」で大事なのは遺体に傷をつけないで施工すること。そういう条件を満たすためには,重機で下から掬うのではなく、上から瓦礫をつり下げながら排除していかなければならないだろう。
9分前

kuniomi 岩井國臣

PFIというのは、発注者が,受注業者が守るべき配慮事項を指示するだけで良い。入札のあと,受注業者を決めるのは市町村。いちばん良いと思われる業者を決めれば良い。
14分前

kuniomi 岩井國臣

市町村は計画と管理も含めてPFIで発注すれば,建設会社が自分で計画し工事を行い,管理も行う。市町村は用地買収に尽力するだけ。スピードアップのためには,用地買収の代りに事前承認という方法もある。
19分前

kuniomi 岩井國臣
@
@icoru_ism 政府は29日、東日本大震災で倒壊した家屋などのがれき撤去費を全額国が負担することを決めた。被災自治体が負担する撤去費の国庫補助率を最大90%に引き上げ、残る自治体負担分も全額地方交付税で国が支援する。・・・結局、市町村の持ち出しはゼロ。
24分前

kuniomi 岩井國臣

瓦礫処理の仮置き場は,工事用道路も含めてかなり大規模な土工工事となるので,大手と地元建設業のジョイントベンチャーが良い。
28分前

kuniomi 岩井國臣

瓦礫処理の仮置き場は、山の谷を利用して、洪水を流すためのハウエル管を埋めて確保すれば良い。そのような施工事例は、最近では大滝ダムにある。それを参考にして,建設会社がやれば問題なくやれる。
33分前

Kantei_Saigai 首相官邸(災害情報)
kuniomiがリツイート

【お知らせ】災害救助法適用地域で復旧・復興に当たる元請建設業の方へ。6/1から「地域建設業経営強化融資」の対象に「がれき処理等を行う元請け企業」を追加。公共工事等の請負代金債権を担保に低利融資を受けられます。詳しくは⇒(PDF)http://twme.jp/pmo/000f
6月2日

icoru_ism 意凍亭鶴龍
kuniomiがリツイート

RT @kuniomi: 瓦礫処理の金は国の方で用意されている。あとは市町村のやる気だけだ!!!あれだけ膨大な瓦礫の山はボランティアだけでやるのは無理。建設会社に発注せよ!!!それもPFIで発注するのが良い。何故やらないのか???復旧の第一歩は瓦礫の処理だ!!!早くやれ!!!
10時間前

kuniomi 岩井國臣
@
@icoru_ism 正確に調べますが,少しは市町村負担があるようですが、9割がたは国と県が負担する。ただし,市町村の権限を県に代行してもらう場合は,100%国と県が負担。市町村負担はゼロです。
55分前

icoru_ism 意凍亭鶴龍
kuniomiがリツイート

@kuniomi: 瓦礫の処理は、国100%と政府与党は散々と言っていましたけど、ふたを開けてみると、6~9割で残りは自治体の負担分があるという話を聞いたのですが、本当のところをご存じないですか?
10時間前

kuniomi 岩井國臣
@
@natumica_N 大槌町吉里吉里地区(きりきり)の自立精神は素晴らしいですね。市町村は瓦礫の処理について責任と権限を持っているので,県に頼らず,国に頼らず自力でやるべきですね。市町村はさぼっている!!!
1時間前

natumica_N 夏海柑@夏ミカンせいじん
kuniomiがリツイート

大槌町吉里吉里地区(きりきり)漁業関係の仕事が壊滅したが、地域社会が確立されていた為 自衛隊到着前より、瓦礫などを撤去し、自立していた。ボランティアの助言で、住区用に使用されていた廃材を利用した、薪を全国へ売り出す事業を立ち上げた。
1時間前

kuniomi 岩井國臣
@
@mowotoko 瓦礫の処理は復旧の第一歩です。やはり急ぐべきです。市町村はやる気があるのでしょうか???
1時間前

kuniomi 岩井國臣
@
@mowotoko 瓦礫の撤去はいったん瓦礫を仮置き場において分別作業の後所有者に見てもらえば良いのではありませんか?
1時間前

mowotoko ('A`)モヲトコ
kuniomiがリツイート

日本は法治国家。法の元に生活をしているわけで、被災地の瓦礫撤去が遅いとか、義援金人道支援が遅いと言う。だが、法を無視してどんどんやれというのはありえない。瓦礫撤去でも個人所有物であるわけで何もかも撤去していいと言わない被災者もいるだろう。支援も法の元、分割しなければいけない。
1時間前

kuniomi 岩井國臣

http://bit.ly/msppmp三陸鉄道南リアス線の甫嶺(ほれい)駅近くで、自衛隊によるレールや枕木、がれきなどの撤去作業が進んでいる。夏日となった6日、隊員は暑さの中、汗を流し、懸命にレールなどを運んでいた。・・・しかし,瓦礫の撤去は自衛隊の仕事ではないのではないか?
1時間前

aobajam カフェ・ゲルボア(aobajam)
kuniomiがリツイート

義援金で被災者の手に渡ったのは15%。がれきの撤去も完了したのは15%。東電管内の電力消費量も前年度比15%低下。ああ15%。されど15%。
2時間前

micha4 micha
kuniomiがリツイート

そろそろ暑くなる。瓦礫の撤去を済ませないと、臭いとか病気とかもっと大変になると思うけど、進んでるのかな?亡くなった方がそのままなのも不憫だが、生きてる人がさらに衛生面でも三重苦を強いられることがないといいと思います…なぜか急にすごく心配です。
2時間前

kuniomi 岩井國臣

岩手県大槌町吉里吉里レポート。ずいぶんとガレキも分別/回収が進んできている印象。しかし廃車となった車や、解体を待つ家々までは手がまわっていない印象。作業はまだまだ、それこそ山のようにある。 http://bit.ly/mNE0Ra
1時間前

kuniomi 岩井國臣

ボランティアでやれることは精一杯やっておられるが,瓦礫の処理はボランティアの手に負えない。市町村の役割だ!!!
5時間前

kuniomi 岩井國臣

復旧の第一歩は瓦礫の処理だ。まず復旧。復興はそのあと。今急ぐべきは瓦礫の処理だ!!!
5時間前

kuniomi 岩井國臣

瓦礫の処理は市町村の責任。責任だけではない。権限も与えられている。金も国で用意できている。技術も建設会社にはある。多くの市町村は何故瓦礫の処理を急がないのだろうか???やる気がないのか???どうなんだろう???
5時間前

kuniomi 岩井國臣

瓦礫の処理は市町村の責任。それが思うように進んでいない。市町村の怠慢ではないか???

2011年6月 5日 (日)

東日本大震災の復旧・復興に関するtwitterログ

20110605

東日本大震災の復旧・復興に関するtwitterログ

 

kuniomi 岩井國臣 

儲け折半の考えに立ち、発電企業にKWHあたり10円を嵩上げ費用に捻出させても、なお10円の利益が残る。仮に全国展開で10万KWの小水力発電が行えれば、約100億円の嵩上げ費用が捻出される。

5時間前 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

嵩上げ費用。第3の小水力発電について補足説明。河川水は国民の 財産。だから、この未曾有の国難に際し、発電水利の許可条件に嵩上げ費用を捻出することを条件に加えても問題はない。自然再生エネルギーの固定価格制度が できれば、発電企業はKWHあたり少なくとも20円は儲かる。

5時間前 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

嵩上げ費用。第4のPFIについて補足説明をしておく。国の予定 価格には嵩上げ費用を含めない。一方民間企業には嵩上げ費用を含めた額で入札してもらう。それらを審査し、入札額が国の積算した予定価格内であり、かつ、 嵩上げ費用をいちばん高く見積もっている企業を落札者とすれば良い。

5時間前 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

嵩上げ費用。もう一度第1の案を申し上げる。第1の案は、堤防のか下げに伴って、特定河岸水害対策事業に習って、国及び県はできるだけの費用を出すものとする。これがいちばん基本的!!!

6時間前 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

嵩上げ費用を捻出する知恵。先ほど、第1、第2、第3、第4、第5の五つの方策を提案したが、要は、「個人に負担を強いてはならない」ということだ。これが原則だ!!!

6時間前 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

嵩上げ費用。第5に特別立法。第1、第2、第3、第4によってもなお不足の生じるときは、特別立法によって国と県と市町村が負担する。

6時間前 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

嵩上げ費用。第4にPFIとの抱き合わせ。水力発電を主とする多目的ダムや第2関門架橋などの有料道路事業を被災地の嵩上げ事業をPFIで行うこととし、それに被災地の嵩上げ事業を抱き合わせれば、PFIで嵩上げ費用を捻出することができる。

6時間前 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

嵩上げ費用。第3に小水力発電。自然再生エネルギーの固定各制度(KWH40円)が実現すれば、小水力発電の全国展開を図り、かつ、水利権の許可条件次第では、かなりの額を嵩上げ費用に充てることができる。

6時間前 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

嵩上げ費用。第2に市町村負担。国の特区制度を活用し、できるだけ民間企業を誘致し、その固定資産税を町の復興に当てる。どこまで嵩上げ費用にまわせるか?ある程度はまわせるだろう

6時間前 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

kuniomi 岩井國臣 

嵩上げ費用。まず第一に、堤防のか下げに伴って、特定河岸水害対策事業に習って、国及び県はできるだけの費用を出すものとする。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

さて、大きな問題は、土地の嵩上げ及び建物のジャッキアップにようする費用(以下嵩上げ費用と呼ぶ)をどう捻出するかである。ここがいちばん知恵の出しどころだ。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

土地の嵩上げ及び建物のジャッキアップも、堤防の嵩上げに応じて、一次、二次、三次に分けて行う。要はある程度時間をかけて行うということと、生活の連続性を維持しながら行うことが肝要だ!!!

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

堤防の嵩上げに合わせて、土地の嵩上げ及び建物のジャッキアップ を行う。これはそこに住みながら又はそこで働きながら行うことができるよう、然るべき工夫が必要である。なお、言い忘れたが恒久建築物は復旧の段階でこの ジャッキアップが容易に行いうるよう然るべき構造にしておかなければならない

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

復旧の後直ちに復興に入るが、堤防の嵩上げを3回ぐらいに分けて行う。一次嵩上げ。二次嵩上げ。三次嵩上げ。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

堤防も復旧にとどめ、今まであった構造のものとする。ただし、近い将来の復興を考え、それに移行しやすい構造としておくこと。これが肝心である。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

まず「嵩上げ」の技術的な面を申し上げる。復旧と復興はすんべつすること。まず復旧だが、瓦礫の処理を急ぐこと。そして従来あった場所にともかく建築物を建てていくこと。仮設建築でも恒久建築でもよい。個人の家も公共の建物も・・である。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

資金の調達については「知恵」が必要。行政には金がないので、民間資金を活用する必要がある。世界的に民間資金はだぶついているのです。これについては後で述べる。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

「土地の嵩上げについて、生活の連続性を維持しながらやらないといけないのでそこに知恵と技術が必要だが、方法はなくはない。難しい問題だが、私には勝算がある。」と申し上げたが、実は、大いに議論があるところ。逐次私の考えを申し上げるので、ご意見をぜひお願いします。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

@

@gonmuku 今回の場合、地上げ(土地の嵩上げ)は、生活の連続性を維持しながらやらないといけませんので、そこに知恵と技術が必要ですが、方法はなくはない。難しい問題だが、私には勝算があります。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

@

@gonmuku 特定河岸水害対策事業というのは、高台に移転させた方が安上がりなんだけれど、先祖伝来の土地とそこでの生活を守るために、土地の地上げ(嵩上げ)をするものです。むかし私が作った制度ですが、今も生きています。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

@

@gonmuku 問題は再度災害防止をどう図るかですが、それには特定河岸水害対策事業というのがあり、思想というか考え方において、それを参考にすれば良い。私はそう思っています。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

@

@gonmuku 政府には高台に団地を作る構想があるようですが、それは多分、地元の人々に受け入れられず、けっして成功しないと思います。疎開している人も含めて地元の人々の意見をよく聞いてみないと判りませんが・・・。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

@

@gonmuku MITのエドアルド・カウセル教授によると、世界の津波被害では、地域の人々の先祖代々の土地に住みたいという願いから、その復興はすべてもとの位置で行われているそうです。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

@

@gonmuku 中越地震の後、山古志村では「山古志村に帰ろう!」を合い言葉に復興が進められました。もちろん道路や砂防では国や県の重要な役割もありましたが、地域づくりは地元コミュニティの計画で進められたのです。それが成功したのです。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

@

@gonmuku 自民党など政治家には町づくりとか地域づくりのことをわかっている人はあまりいませんね。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

@

@gonmuku 大事なのは「希望」です。「願い」です。それは「祈り」です。そういうものがないと被災地の復興はうまくいかない。「願い」は政府の願いではありません。県の願いでもない。地域の人々の「願い」なのです。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

@

@gonmuku 仰る通りです。人々の日々の生活をどうするかが問題なのです。イギリスにも「ビレッジアプレイザル」という町づくりの手法がありますが、これなども参考になるかもしれません。11項目の中には信仰なども含まれています。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

@

@gonmuku 2005年のカトリーナ大災害の後の復興では、上位計画がことごとく失敗、最終的にはコミュニティ単位で作った計画を重視するかたちで総合計画が出来上がった。それが成功したと言われています。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

@

@gonmuku 私の基本的考えは「人間復興」です。それは地域コミュニティが中心になって策定した復興計画を重視するものです。極端なことを言えば、国は金は出しても口は出すな!!!

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


kuniomi 岩井國臣 

@

@gonmuku 福田徳三先生は東京商業大学(今の一橋大学)の教授でした。関東大震災の復興にあたって、政府の「帝都構想」というビッグプロジェクトに対し、先生は「人間復興」を叫ばれたのです。

64 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


gonmuku gonmuku

復興とは、夢みたいな話でなくて、その土地の人間、成り立ち、事情、そして歴史的背景、風景 様々な要素を熟慮してやらないといけないのですね。復旧と復興は違うし、便利になることでもないし……

63 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


gonmuku gonmuku

@

自分は表面ばかりの復興を考えてしまいがち。提言を期待しております。RT @kuniomi また,私ども国土政策研究会では地域づくりや国土政策について今まで40数年の蓄積がありますので,近々被災との復興及び日本の復興についての提言をまとめるつもりです。

63 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


gonmuku gonmuku

@

@kuniomi 被災地の復興についての大事なキーワードは,「人間復興」です。この言葉は,関東大震災のとき,福田徳三が主張された言葉です。近くでは山古志村の復興がそのような考え方で進められました。

63 http://twitter.com/http://twitter.com/http://twitter.com/

 


gonmuku gonmuku

@

RT @kuniomi @gonmuku 被災地の復旧で当面急ぐべきは瓦礫の処理と農地の除染だと考えています。私ども国土政策研究会のメンバーで何ができるのか,近々現地企業との技術交流会をやるべく準備をすすめています。私たちの精鋭メンバーは世界に冠たる技術を持っています。

 

その他のカテゴリー