« 沖縄の歴史(その13) | トップページ | 大学時代の愛唱歌(その6) »

2020年7月24日 (金)

八坂庚申堂

八坂庚申堂


八坂庚申堂は、法観寺に隣接していることもあって、京都の観光名所になっているが、八坂にあるということもあって、祇園花街の人たちの信仰が厚い。


門を入るとすぐのところに、たくさんの「つるし猿」が吊るされている。

面白いのは、八坂庚申堂では「くくり猿」がお守りの「お札」として売られていることだ。「くくり猿」の体内には御本尊青面金剛の御札が納められ、開眼の秘法によって魂が込められている。単なる土産物では無く、八坂庚申堂の神(ご本蔵青面金剛)の霊の入った『御守』である。

この霊験あらたかな「くくり猿」は、祇園界隈では軒先に吊るす家が多い。祇園花街の舞妓さんも八坂庚申堂でこの「くくり猿」を買い求める人が多く、八坂庚申堂では、舞妓さんの姿をよく見かける。


八坂庚申堂: http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/yasakakousin.pdf

 

 

« 沖縄の歴史(その13) | トップページ | 大学時代の愛唱歌(その6) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄の歴史(その13) | トップページ | 大学時代の愛唱歌(その6) »