« 慈覚大師(その15) | トップページ | 木村好夫(その3) »

2019年6月12日 (水)

松尾大社

松尾大社

 

嵐山に有名な堰がある。この堰は一の井堰または葛野堰(かどのせき)」といい、左右岸に用水の取り入れ口がある。取水堰である。その用水路は、現在、松尾大社の前を流れている。もちろん葛野堰ならびに用水路は何度も作り変えられているけれど、最初の堰ならびに用水路はとても古く、秦氏が太秦を本拠地として定住した時に造られたのである。したがって、秦一族が京都にやってきた時期は、おおむね葛野堰が最初に作られた時期と考えて良い。松尾大社と秦氏にまつわるこの一連のことについては、次をご覧ください。

松尾大社: http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/matuotaisya.pdf

 

« 慈覚大師(その15) | トップページ | 木村好夫(その3) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 慈覚大師(その15) | トップページ | 木村好夫(その3) »