« 大将軍八神社 | トップページ | ヨーデル(その4) »

2019年5月25日 (土)

最初の日本人について(その1)

最初の日本人について(その1)


NHKの「日本人はるかな旅」という特集番組(第1集「マンモスハンターシベリアからの旅立ち)は、ロ シアのバイカル湖地方マクソホン村のマリタ遺跡についての取材もあって、さすがNHKならではの素晴らしい特集番組である。その番組がNHKオンデマンドで見ることができるので、まずそれを見てもらいたい。(註:NHKオンデマンドで見るためには、会員になり料金を払うなど所定の手続きが必要です。)
https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2010021817SA000/index.html

 

しかし、それを見ていると私たち日本人のルーツがあたかもロ シアのバイカル湖地方にあると思ってしまう。これは真っ赤なウソである。シベリアが日本の遠い祖先であることに間違いないが、それ以前に・・・南方から黒潮に乗って、日本列島にやってきた海洋民族がいたのだ。

 

私は、すでに論文「邪馬台国と古代史の最新」の第2章第2節に書いたが、 「ヨーロッパ人」と別れて東に向かったホモサピエンスの一団は、大きく二つのルートに分かれる。故郷アフリカの温暖な気候を求め進んだ「南回廊」と、極寒のシベリア平原を進んだ「北回廊」である。 二つの道を別々に歩んだわれわれの祖先たちは、それぞれ旅の途中で人類史上に燦然と輝く偉大な記録 を残している。北回廊を歩んだ人々は、温暖地方でしか生きられなかった人類にとって初めての「寒冷地克服」という快挙を成し遂げた。そして南回廊にコマを 進めた人々は、陸地しか移動できなかったヒトが、初めて海を渡るのに成功するという「海洋適応」を果たしたのである。

 

北回りのモンゴリアンは主としてロ シアのバイカル湖地方に向かい、南回りのモンゴリアンは日本列島に向かい、それぞれ自然条件をうまく克服した結果、人口を急激に増やしていく。そして、ロ シアのバイカル湖地方の人びとは、ベーリング海峡を通ってアメリカ大陸を南下していく。人類はるかな旅の終盤である。

« 大将軍八神社 | トップページ | ヨーデル(その4) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大将軍八神社 | トップページ | ヨーデル(その4) »