« 玄奘とシルクロード | トップページ | ムシデン »

2019年4月13日 (土)

高台寺

高台寺

秀吉が死んで、豊臣政権は、加藤清正、福島正則、黒田長政らおねのグループと石田三成のグループに別れて、内紛状態になっていく。そして、徳川家康の実力を認めるおねは、政権安定のため徳川家康に力を貸すのである。徳川家康自身の配下にも力のある武将は少なくないけれど、加藤清正、福島正則、黒田長政らおねのグループが力を貸したこそ徳川家康は天下を手中にすることができた。

秀吉が作り上げた政権を引き継いだ徳川家康は、寧々に感謝し、寧々の晩年の生活を助けるのである。そして創建されたのが高台寺である。
北政所ねねが、秀吉を偲び、また秀吉の霊を慰めながら晩年を過ごした所である。

高台寺: http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/koudaiji.pdf

 

« 玄奘とシルクロード | トップページ | ムシデン »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 玄奘とシルクロード | トップページ | ムシデン »