« 松島の瑞巌寺 | トップページ | 伏見稲荷大社について »

2019年2月10日 (日)

奥州市水沢の黒石寺

慈覚大師創建もしくは中興開山のゆかりの深い寺など


円仁は、唐から帰った後の活躍は凄まじいものがあった。それを書いたのが次の論文である。
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/jikakudaisini.pdf

その論文では、京都の赤山禅院、広隆寺の牛祭り、立石寺、中尊寺、有珠善光寺について述べたが、円仁が開山したり再興したりしたと伝わる寺は関東に209寺、東北に331寺余もあるのである。そのすべてを紹介することはできないが、この際、その主なものをいくつか紹介していきたい。

その7岩手県奥州市水沢の黒石寺: http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/enyukari07.pdf

註:黒石寺はアテルイ所縁の寺である。アテルイは古代の東北の英雄であり、いわば東北の象徴的な存在である。坂上田村麻呂に捕らえられ、不運な死に方をしたアテルイの霊を慰めなければならない。慈覚大師はそのために黒石寺を中興再建したし、宮沢賢治も同じような思いであったろう。
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/haratai.pdf

« 松島の瑞巌寺 | トップページ | 伏見稲荷大社について »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥州市水沢の黒石寺:

« 松島の瑞巌寺 | トップページ | 伏見稲荷大社について »