« 石川さゆりの小唄 | トップページ | 2050年の中国(その6) »

2019年1月10日 (木)

故郷論

故郷論

故郷は、実際の故郷のみならず、心の故郷も含めて、ただ単に懐かしいという思いを抱かせるものにとどまらず、哲学的意味を持ったものである。その哲学とは、私たちの行動の行く先を指し示すものであって、現在の科学技術文明を修正するものでなければならない。現在、そのような哲学がある訳ではない。私は、哲学者でないので、もちろんそのような哲学を構築することはできない。できないが、その方向性を指し示すことはできる。その方向性を書いたのがこの故郷論である。そして、その今後の新たな哲学に基づいて、地域づくりの現場において、私たちはいかに行動すべきかを論じている。
苦労して書きましたが、私としてはなかなかの力作だと思っています。ぜひ読んでください!
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/hurusatoron.pdf

« 石川さゆりの小唄 | トップページ | 2050年の中国(その6) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 故郷論:

« 石川さゆりの小唄 | トップページ | 2050年の中国(その6) »