« 地方創生の成功のために(その15) | トップページ | 地方創生の成功のために(その16) »

2018年11月 1日 (木)

紫式部ゆかりの地

紫式部ゆかりの地

今からほぼ千年前、平安時代中期に、日本の都・平安京のはずれから、世界の文学史に残る作品が生まれた。それが紫式部の書いた『源氏物語』である。

私は、『源氏物語』のうち、その真髄を表す「末摘花」と「浮舟」に焦点を当て、その話のあらすじを述べるとともに、それらの舞台となった「嵯峨の野宮神社」と「宇治の恵心院」を紹介するとともに、紫式部が源氏物語を執筆したと言われる「蘆山寺」を紹介し、紫式部の供養塔のある「千本えんま堂」を紹介した。

紫式部ゆかりの地:  http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/murayukari.pdf

« 地方創生の成功のために(その15) | トップページ | 地方創生の成功のために(その16) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/74513832

この記事へのトラックバック一覧です: 紫式部ゆかりの地:

« 地方創生の成功のために(その15) | トップページ | 地方創生の成功のために(その16) »