« 地方創生の成功のために(その14) | トップページ | 地方創生の成功のために(その15) »

2018年10月30日 (火)

大覚寺

大覚寺


延暦13年(794)、桓武天皇は「山背」を「山城」と改め、新都・平安京に遷都する。桓武天皇ののちに即位した平城天皇は、病身のため弟の嵯峨天皇に在位わずか3年で譲位するが、平城上皇の平城古京への復都、薬子の乱などの政変によって政局は動揺していた。
遷都から15年、大同4年(809)に即位した嵯峨天皇は、律令よりも格式を中心に政治を推し進め、ようやく平安京は安定をみる。 一方で嵯峨天皇は、都の中心より離れた葛野の地(現在の嵯峨野)をこよなく愛され、檀林皇后との成婚の新室である嵯峨院を建立、これが大覚寺の前身・離宮嵯峨院である。

大覚寺: http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/daikakuji.pdf

« 地方創生の成功のために(その14) | トップページ | 地方創生の成功のために(その15) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/74500736

この記事へのトラックバック一覧です: 大覚寺:

« 地方創生の成功のために(その14) | トップページ | 地方創生の成功のために(その15) »