« 日本林業のあり方 | トップページ | 水田農業のあり方 »

2018年6月22日 (金)

リズム論(その13)

リズム論(その13)

第2章 中村雄二郎の「リズム論」 (その5)
第1節 場所性について(その5)
5.身体的な場所について


身体的な場所とは何か? 中村雄二郎の説明によると、 これは、共同体、無意識、固有環境といった通常いうところの場所、厳密に言えば、<存在根拠(基体)としての場所>ということになるのだが、そう いう通常いうところの場所とかかわり、一部重なり合っているのだと中村は説明している。というのは、中村によれば、意識的な自我主体は、実際には身体とい う場所を基体とすることなしにはありえず、しかもそこに成立する身体的実存によって、空間的な場所は逆に意味づけられ、分節化されるからである。そして、 中村雄二郎は言う。そういう身体的実存によって意味づけられた空間、身体的実存によって分節化された空間というものは、身体の拡張としてとらえられる。す なわち、<身体的なものとしての場所>といってよいのだと。

やっぱり哲学者の説明は難しいですね。私たちには、身体的実存とか分節化という言葉まず使わないし、したがってすぐにはイメージが湧きませんね。
 先に述べたように、固有環境というのは、個体の生存と活動を成り立たせている生物学的、生態学的な基盤のことである。通常私たちがいうところの環 境は、もちろんここでいう固有環境であるし、私たちの身体もそういう意味で固有環境である。生物学的な基盤ですからね。空間的な場所というものは、もちろ ん生物的な基盤であるし、生態的な基盤である。したがって、間違いなく固有環境というか通常いうところの環境ではある。しかし、空間的な場所というのは、 それにとどまらず、抽象的な意味をも持っている。私たちの身体が拡張したものとしての意味を持っているというのですね。それは何故かというと、そういう抽 象的な空間は、実際の生物学的・生態的な空間ではあるけれど、身体的実存によって分節化しているからなんですね。いよいよわからなくなりましたでしょう か。
大きな樹木をイメージしてください。大きな枝が出ていますね。何でこんな枝が出てきたのか。最初は小さな芽が出てくるのですが、そこに節があって、 その節から枝が成長していく。太い幹から枝が分節化していくんですね。分節化というのはそういうイメージです。哲学者の使う言葉というものは厳密だ。枝分 かれといったのでは節がイメージされない。節がこの際大事な意味を持っているので、節がきっちりイメージされなければならない。生物学的・生態学的な実際 の空間など<存在根拠(基体)としての場所>というもの・・・、それは大きな幹だが、その幹には、身体的実存(身体性)という節があって、その節から抽象 的な意味をもった空間(枝)ができる。そういうイメージです。だとすれば、問題は節ですね。身体的実存(身体性)という節ですね。これは一体何なのか。

先に述べたように、共同体や無意識は、固有環境とちがって、ふつういう意味での空間的な場所を形づくるものではない。が、それらは、意識的自我がそ こにおいて成り立つ場あるいは場所を形づくっている。つまり、共同体、無意識、固有環境のいずれにもいえることは、それらが人間的自己にとって、基体とし ての場所、場所(基体)だということである。そういう<存在根拠(基体)としての場所>に身体的実存(身体性)という節がある。

ところで、身体は、人間的自己にとって、基体としての場所、場所(基体)であるとともに、目で見、耳で聞き、手で触れ、頭や心で意識をする主体でも ある。身体は、客観的身体と主観的身体の両義性を持っている。しかも、意識の世界のみならず無意識の世界を持っている。私は先に、純粋経験の多様性を説明 したなかで、「自己というものと自分の世界とは一対一に対応している」とか、<主客を没した知情意合一の意識状態が真実在である>であると述べた。また、 挙体性起(きょたいしょうき)ということに触れながら真実在のイメージを説明した。真実在が花しているとか岩井しているというイメージである。身体的実存 とか身体性というイメージが湧いてきたでしょうか。要するに、身体には物質性と精神性という両義性がある、それが節になって、身体の拡張としての空間がで きていくのである。
<身体的なものとしての場所>という意味がお判りいただいたとして、さらに中村雄二郎の説明を聞こう。

『しかし、<身体的なもの>として捉えなおすとき、場所はどのようなものとしてあらわれるだろうか。この場合、精神と身体とが実態的に区別され、前 者が後者のうちに宿ったり住まったりするのではない。そうではなくて、端的にいえば、むしろ活動する身体の自己意識が精神だということになる。私達は身体 を持つのではなく、身体そのものを生きている。生きており活動している以上、意識は世界に向かって働いているが、そういう意識に対して、私たちの身体は基 盤となり、したがって地平を形づくっているのである。
その上、活動する身体として、私たち一人ひとりは、世界に向かって開かれ、私たちの身体は、皮膚によって閉ざされた生理学的身体でなく、その境界を 越えた範囲にまで拡がっている。拡張された身体をわかりやすいかたちで示すものは、社会空間のなかで形づくられる固有の場としてのテリトリー(縄ばり)で ある。このテリトリーというのはもともとは動物行動学でいう棲み分けの範囲であり、個体あるいは種が支配的に振舞う範囲のことであるが、人間の場合にはそ れが心的意味をつよく帯びるとともに、特定の場所に固定されないで可変性を持っている。』
「身体的な場所」については以上である。

« 日本林業のあり方 | トップページ | 水田農業のあり方 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/73727404

この記事へのトラックバック一覧です: リズム論(その13):

« 日本林業のあり方 | トップページ | 水田農業のあり方 »