« リズム論(その3) | トップページ | リズム論(その5) »

2018年5月21日 (月)

リズム論(その4)

リズム論(その4)

第1章 日本的精神(その2)
第1節 佐伯啓思の認識について(その2)
ところで我が日本のことであるが、日本はアメリカの従属国家であるため、このままでは日本が世界平和のために寄与するなどということは夢のまた夢になってしまう。世界平和を国是とする我が日本としてはそれではいけないのであるが、 日本はアメリカの従属国家であるため、そこにわが国が抱える最大のジレンマがある。それを書いたのが、佐伯啓思の「従属国家論・・・日米戦後史の欺瞞」(2015年6月、PHP研究所)である。佐伯啓思は、その中で次のように述べている。すなわち、
『 「アメリカ」を相対化して眺めるためには、「アメリカ」を超えた視点が必要となる。それは、日本独自のやり方で「世界」を見る、ということです。「世界」を見る独自の視点がなければならない。』
『 しかし、そんなものは持ち合わせていない。もちろん、イスラムの専門家もいるし、ロシアの専門家もアジアの専門家もいます。しかし、一つは、これらの専門家の多くはアメリカのイスラム研究やアジア研究の影響が強く、彼らも「世界」と見る場合には、どうしてもアメリカの見方を参照せざるを得ません。また、国際関係論や経済学はほぼアメリカ一辺倒なのです。こうして、日本独自の観点から「世界」を了解する、ということができない。むしろ、「世界」を見る見方を「アメリカ」から借りてくる。こうなると、とても「アメリカ」を見る、外部的(超越的)観点を持ち合わせているとはいえません。ここに大きな問題があるということをまずは了解して下さい。』・・・と。

« リズム論(その3) | トップページ | リズム論(その5) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/73526770

この記事へのトラックバック一覧です: リズム論(その4):

« リズム論(その3) | トップページ | リズム論(その5) »