« フランシス・フクヤマの誤り | トップページ | 説明責任 »

2017年7月 7日 (金)

中国国民の生き方

中国国民の生き方・・・無為自然

多くの国民が賢くて国家に対して色々と要求をするような国家より、多くの国民が神を信じながら無欲になって無為自然の中に生きる、そういう方が国民も幸せだし、国家にとっても都合がいい。老子の第3章と第65章にはそういう趣旨のことが書かれている。

しかし、国民の中には、賢くて国家に対して色々と要求をするような人も出てくる。そういう人は、現在ではインターネットを使って人々に働きかけ、政府に対してデモを行い、国家に働きかけ、自分たちの要求を実現しようとする。

中国では、その代表が 劉 暁波である。 劉 暁波は、コロンビア大学で客員研究者として米国でアメリカの政治を学んだ人であるが、天安門事件に関連して、3度に渡って投獄された。
2008年、「世界人権宣言」発表60周年を意識してか、劉 暁波は、中国の大幅な民主化を求める「零八憲章」の主な起草者となり、再び中国当局に身柄を拘束された。
インターネット上で公開されたサイトは当局によって即座に閉鎖されたが、コピーが転載され続け、2008年12月署名者は6191人、最終的には1万名余りに達した。
2010年2月に「国家政権転覆扇動罪」による懲役11年および政治的権利剥奪2年の判決が下され、4度目の投獄となり遼寧省錦州市の錦州監獄で服役。2017年5月末に末期の肝臓がんと診断され、家族らが仮出所を申請し認められたため6月末に仮出所した。現在、中国医科大付属第一医院(中国語版)に入院し闘病生活を送っている。

「零八憲章」は一言で言えば、民主主義のことであり、フランシス・フクヤマの言う「説明責任」を求めるものである。

« フランシス・フクヤマの誤り | トップページ | 説明責任 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/71071827

この記事へのトラックバック一覧です: 中国国民の生き方:

« フランシス・フクヤマの誤り | トップページ | 説明責任 »