« 台湾(その21) | トップページ | 台湾(その23) »

2017年4月24日 (月)

台湾(その22)

台湾(その22)

第3章 現代の台湾

第1節 台湾の道教寺院

台湾という国は、信仰の厚い国で、いたるところに道教寺院がある。中国本国と違うところが三つある、一つは、「にゃんにゃん=媽祖)が全島的に祀られていること。二つ目は、「にゃんにゃん=媽祖)以外の神も非常に多く、したがって道教寺院の数がともかく多いことだ。三つ目は、道教寺院は世俗的というのか修行僧が少なく、台湾全体の道教寺院を束ねる組織がほとんどないといいほどの状況であることだ。

要するに、台湾の道教というのは、極めて世俗的であるということである。その辺の様子を紹介したのが、この第1節である。

http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/taidoukyou.pdf



« 台湾(その21) | トップページ | 台湾(その23) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/70361693

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾(その22):

« 台湾(その21) | トップページ | 台湾(その23) »