« 白山信仰(その5) | トップページ | 白山信仰(その7) »

2017年1月28日 (土)

白山信仰(その6)

白山信仰(その6)
富士山・立山・白山などの霊山に登って修行することなども禅定という。奈良時代より、高い山や、美しい山は霊山として山岳信仰の対象とされ、山地に於いて修行する者も現れ、それらは後に修験道へと発展していった。その禅定において禅定道(ぜんじょうどう)というのがある。禅定道とは、禅頂(山頂)に登ぼるまでの山道を言う。禅定道の起点は修行の起点でもあり、起点またはその場所を「馬場(ばんば)」と呼ぶ。例として、白山信仰での越前馬場、加賀馬場、美濃馬場などがある。その内、美濃馬場・長滝寺は秦一族との繋がりが濃厚なのである。その点については、以下において述べるとして。その前に、白山三馬場について説明しておきたい。是非、次のホームページをじっくりご覧いただきたい。
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/sanbaba.pdf

« 白山信仰(その5) | トップページ | 白山信仰(その7) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

My contemporary page
download of free porn movies jogos de tablet gratis vdios sexy freedownload sexy movie games free android market
http://androidporn.blognet.pw/?page.alyson
computer wallpaper images google play oyunlari beautiful live wallpapers call recording software for android buy smartphone

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/69404030

この記事へのトラックバック一覧です: 白山信仰(その6):

« 白山信仰(その5) | トップページ | 白山信仰(その7) »