« イーレックス椰子殻発電 | トップページ | 第6次産業 »

2016年12月13日 (火)

観光と平和

観光と平和

日本は観光立国である。そこで、私は,皆さん方に声を大にして訴えたいことがある。観光はただ単に経済的な側面だけでやるのではない。世界平和のためにというか,世界平和を願って・・・国際貢献のためにやる・・・・・ということだ。
私は諸外国からどんどん日本に来てほしいと思う。どんどん日本に来てもらい,「日本の歴史と文化」に触れて欲しいと思っている。日本人の平和を願う心情に触れて欲しいと思っている。
観光はただ単に経済的な側面だけでやるのではない。世界平和のためにというか,世界平和を願って・・・国際貢献のためにやる・・・・・ということだ。もちろん、観光は過疎地域にとって最大の活性化方策だし,経済的な側面だけで地域における最大の行政目標になりうる。しかし、さらに「世界平和のため」という行政目標があるということになれば,地域の人々の意気込みも違ってこようというものだ。そこがいちばん大事であって,地域の人々の気持ちが大きな目標に向かうということはそれ自体で地域活性化の下地ができたということだ。
その上で、行政は、国と都道府県、そして市町村が力を合わせて、電線の地中化や町並み保存などのインフラ整備に努めなければならない。住民側の取り組みとしては、ボランティア活動の活性化が大事で、 特に消滅可能性の高い市町村においては、 地域通貨の問題も出てくるだろう。

« イーレックス椰子殻発電 | トップページ | 第6次産業 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/68824072

この記事へのトラックバック一覧です: 観光と平和:

« イーレックス椰子殻発電 | トップページ | 第6次産業 »