« 日米中の三国平和友好条約 | トップページ | 天皇(その2) »

2016年11月 4日 (金)

天皇(その1)

天皇に関する国民感情その1

はじめに

ヤフウーの質問コーナーに次のような投稿がありました。

中学生です。
「天皇が嫌い、いらない、何も働いてない。」とか言う何もわかってない奴がクラスにいます。そしてなぜか皆もそれに納得するんです。バカにもほどがあるし、もう10代後半にもなるのにまだその辺の 正しい理解が出来ていないというのは残念でしかありません。

また、最近行われた私の大学の同級生の集まりでも、多くの若者は天皇に対してその存在の意義を感じていないとの意見が出ました。つまり、天皇あるいは天皇制というものに対して無関心な若者が多いという意見でした。確かに、NHKの世論調査においてもそのことが伺えます。なぜ多くの若者が天皇あるいは天皇制というものに対して無関心なのか、その原因を考えてみました。一つは、戦後の日本では学校教育において、天皇についてほとんど教えていないということがある。もう一つは、 学識経験者の天皇に関する国民向けのわかり易い記事が少なすぎるということがある。

« 日米中の三国平和友好条約 | トップページ | 天皇(その2) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/68246936

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇(その1):

« 日米中の三国平和友好条約 | トップページ | 天皇(その2) »