« 平和国家(その3) | トップページ | 平和国家(その5) »

2016年10月 3日 (月)

平和国家(その4)

祈りの国ニッポン(その4)

さて、「祈りの国ニッポン」が真にそうだと言い切れない問題として靖国問題がある。
考えてみれば、日本は実に妙な国である。歴史的にあれほど中国の伝来文化のお世話になりながら日本の文化を形成してきたにもかかわらず、現在、中国との関係が非常にいびつなまま良好な関係を構築できないでいる。さらに、靖国問題という戦前の問題を引きずっていて、今なお解決できないままだ。

http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/yasukunito.pdf

靖国問題は基本的に国内問題であり、中国からいろいろ言われようと言われまいとそれとは関係なく解決しなければならない問題であるが、靖国問題が中国との関係を悪化させる原因のひとつになっていることも事実である。靖国問題は基本的に国内問題であるが、中国との友好親善のためにも解決しなければならない日本の重要問題である。

« 平和国家(その3) | トップページ | 平和国家(その5) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/67775849

この記事へのトラックバック一覧です: 平和国家(その4):

« 平和国家(その3) | トップページ | 平和国家(その5) »