« 山地拠点都市構想(その158) | トップページ | 天皇の権威(その7) »

2016年6月 1日 (水)

宇宙との一体感(その14)

宇宙との一体感(その14)

宮沢賢治の自然観(5)

以上述べてきたように、「宇宙のリズム」というのは、ニーチェのいう「啓示というリズム」であり、中路正恒の考えでは、 それは原子のリズムであり、クォークのリズムである。そして細胞のリズムや天体のリズ ムなのである。
「宇宙のリズム」が原子のリズムであり、クォークのリズムであるということについては、次のような私の論考があるので、それを是非参照されたい。

http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/utyuurizu.pdf

« 山地拠点都市構想(その158) | トップページ | 天皇の権威(その7) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/65784869

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙との一体感(その14):

« 山地拠点都市構想(その158) | トップページ | 天皇の権威(その7) »