« 継体天皇の謎(その48) | トップページ | 山地拠点都市構想(その149) »

2016年5月21日 (土)

宇宙との一体感(その4)

宇宙との一体感(その4)
NHKのEテレ「こころの時代」という番組 の要点(その3)。

金光: 確かに人間が生きているというのは、大体人間が考えるからその通りになるんじゃなくて、思いというのは、後で勝手にポコポコ湧いてくるもんで、事実は先に ドンドン展開して、それこそ昔の言葉ですけれども、「諸行無常(しよぎようむじよう)」というか、常に変化するというのが、私たちが生きている現実の姿の ようでございますね。

枡野: 現実であり、世の中の真理なんですね。大宇宙の真理だと思うんですよ。

(中略)
金光: そうなってくると、道場で坐禅なさるのと、現実の庭造りとは別々のものじゃないわけですね。

枡野: 別ではないんです。例えばですね、庭で非常に有名な禅僧である夢窓国師が、

山水(さんすい)に得失(とくしつ)なし
得失は人の心にあり

ということをおっしゃっているわけです。得することも、損することも、山水あずかっていれば何もないんですよと。

金光: 自然のままですから。

枡野: それはそれを扱う人の心の持ち方にあるんだと。ですからこの山水そのものに、山水と、いわゆる仏道修行する人を、別だと考えてはいけないんだと。それが同じと思う人が真の仏道修行者だということを、夢窓国師がおっしゃっているんですね。まさにその通りなんですね。


« 継体天皇の謎(その48) | トップページ | 山地拠点都市構想(その149) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/65597285

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙との一体感(その4):

« 継体天皇の謎(その48) | トップページ | 山地拠点都市構想(その149) »