« 宇宙のリズム(その17) | トップページ | 近代国家の責任(その10) »

2015年10月21日 (水)

山地拠点都市構想(その105)

山地拠点都市構想(その105)
「山の霊魂」(1)

先に私は、論文「霊魂の哲学と科学」を書いた。
http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/rei.pdf

それにおいて詳しく説明したが、生きとし生きるものすべてに「霊魂」がある。哲学的にはプラトンがこれを詳しく論じているが、私は、科学的に、これは「宇宙は波動の海」であるという最新の科学的知見にもとづいてということだが、それなりの説明をした。なかなか理解をしてもらえないかもしれないが、「霊魂」は科学的にも存在するのである。

そのことについては、是非、私の論文「霊魂の哲学と科学」を読んでもらいたいが、「宇宙は波動の海」であるという最新の科学的知見にもとづいて、濱野恵一がその著「脳と波動の法則」(1997年3月、PHP研究所)の中で、次のように書いているので、この本も是非読んでもらいたい。濱野恵一は次のように述べている。すなわち、

『 私たちの心は最新の知見によると、脳に局在するものではなしに、宇宙に各々の心の働きの場として内在するという。そしてシェルドレイクの場理論によると、各人の脳の場と宇宙空間に存在する場同士が、共鳴・同調することで心の働きを顕現させる。さらに、宇宙の場は、その個人の死亡後も存続・継承されることが、マクドゥーガルの実験結果や「四肢錯覚現象」の証拠から、明らかになっている。この知見にもとづいて「生まれ変わり現象」を考えると、前世の記憶を持つ人の場合、自分の脳内にある宇宙の場のミニチュアが、何らかのきっかけで宇宙に存在する故人の人格の場にアクセスし、場同士の連結が生じた結果であると説明し得る。』・・・と。

もちろん、濱野恵一は「霊魂」のことについてはひと言も触れていない。しかし、私としては、彼の本に書かれていない科学的事実を、特に私たちが生まれるときに生じている「系統発生」をどのように説明すれば良いのかを、さらにプラトンの「霊魂論」に即しながら、いろいろと考えたあげく「霊魂」は科学的に存在するという結論に達したのである。「霊魂」は存在する。そういう前提で、「山の霊魂」とは何かを以下においていろいろと考えてみたい。

« 宇宙のリズム(その17) | トップページ | 近代国家の責任(その10) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/62147949

この記事へのトラックバック一覧です: 山地拠点都市構想(その105):

« 宇宙のリズム(その17) | トップページ | 近代国家の責任(その10) »