« 相互扶助の原理 | トップページ | 山地拠点都市構想(その79) »

2015年5月13日 (水)

家族農業について

家族農業について

針貝さん、貴方は「基礎食品については国際分業を当てにすべきではない、自給率を高める努力をすべきと考えますが、如何ですか?」と仰っていますが、正に そのとおりです。農は国の基本ですね。大規模農業だけではなく、家族農業も大事にしなければならないのではないでしょうか。私はそう思います。

針貝さんは、「家族、個人、障害者も何も、だれもが自分の力を出せる範囲で、参加する農業が必要」だと仰っていますが、これもまったくそのとおりですね。 そういう農業がひとことで言って家族農業だと思います。家族に年寄りがおれば、その年寄りは年寄りなりに精一杯働くし、家族に障害者がおれば、その障害者 は障害者なりに精一杯働く訳ですね。だからこそ家族農業なのです。今、私の最大の関心事は、そういう家族農業がどうすれば永続的にやっていけるか、という ことです。必死になっていろいろ考えています。

そのために、私は、テツオ・ナジタの近著「相互扶助の経済ーーー無尽講・報徳の民衆思想史」(2015年3月、みすず書房)を読んで、「相互扶助の原理」 なんて言葉を言い出したのです。私たちは、「相互扶助の原理」によって生きていますから、家族農業が成り立たなくなっている現状を何とかできないかと無意 識にも思う訳ですね。つまり、市場原理に基づく非道徳的な経済から脱却し、何とか道徳的な経済を取り戻せることができれば良いなあ、と無意識にも思う訳で す。しかし、片方では果たしてそんなことができるのか、となかば諦めてもいる。

そこが問題なのです。大問題!みんなの目が家族農業に向かない。そんなことでは、家族農業の復活なんてものは不可能です。私は、家族農業の復活について、 必死でいろいろ考えており、ある解決策を思いついていますが、その私の今思いついている解決策については、いろいろな人と議論をして具体的で実行可能なも のに練り上げていかなければなりません。みんなの知恵を寄せ合わせることが必要なんですよ。議論が必要なのです。議論が始まれば、「総合扶助の原理」に よって賛同者が増えて、家族農業の復活が具体化に向けて動き出すと私は思っているのです。

したがって、私が針貝さんや片貝さんをはじめとして、皆さんにお願いしたいことは、家族農業に目を向けて欲しいということなのです。諦めないで・・・・。

« 相互扶助の原理 | トップページ | 山地拠点都市構想(その79) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/59980842

この記事へのトラックバック一覧です: 家族農業について:

« 相互扶助の原理 | トップページ | 山地拠点都市構想(その79) »