« 正義の偽装(その45空なる天皇12) | トップページ | 正義の偽装(その47空なる天皇14) »

2014年4月15日 (火)

正義の偽装(その46空なる天皇13)

正義の偽装(その46「空」なる天皇13)
第2章 天皇
第2節 私の天皇論
3、天皇の聖性と政治的権力
(2)「空」なる天皇(13)

(2、4)天皇について思うこと・・それは「空」!(2)

 プラスは「陽」であり、マイナスは「陰」である。ものごとはすべて「陽」か「陰」である。善があれ ば悪がある。美があれば醜がある。二元論で理解するのがわかりやすいのだが、実は、真実はそうではないらしい。善であり悪である。善でもないし悪でもな い。二元論であるあるテーゼを肯定したのち、それを否定して、最初のテーゼとはまったく逆のアンチテーゼを考え、さらにそれも否定して、テーゼとアンチ テーゼを新たに統合するというかアウフヘーベンして、ジンテーゼをつくり出すやり方は弁証法。そういう弁証法的な思考方法を、私は、禅語の一部を引用して「両頭截断」といっている。
 禅では、よく「馬鹿になれ」とか「幼児のごとく」とかいう。これも弁証法的な思考法であり、大いに 勉強をして賢くならなければならないのだが、さらに進歩すればその利口さが見えなくなって、馬鹿のように見えたり幼児のように見えたりする。私は、馬鹿に 見えたり幼児のように見たりするようでは、まだ修練が足りないのだと思う。普通がいい。「空」は、普通にしか見えないが、普通ではない。利口でもあり馬鹿 でもある。利口の要素はいっぱいあるし馬鹿の要素もいっぱいある。そこは臨機応変。利口にならなければならないときは利口になる。馬鹿にならなければなら ないときは馬鹿になる。臨機応変である。ものすごい力を発揮すべきときはものすごい力を発揮するのである。そういう人がいちばん偉いのだと思う。利口そう に見える人はあまりたいした人ではないのではないか。「空」とは利口の要素がないのではない。利口の要素はいっぱいある。一方、馬鹿の要素もいっぱいあっ て、利口か馬鹿か判らない。利口か馬鹿か判らないが、そこは臨機応変、利口でなければならないときは、誰にも負けない利口さが発揮される。「空」から利口 がいっぱい飛び出してくるのだ。「空」は「力の充溢した空間」なのである。

 私は先に、国の統治構造に関連して、中空均衡構造と いうことをいったが、天皇は「空」であることが望ましい。禅風にいえば、天皇は馬鹿のようになることが望ましいし、幼児のようになることが望ましい。天皇 は、わが国の「歴史と伝統・文化」の象徴、そしてわが国民の象徴である。したがってわが国国民の統合の象徴である。天皇は、何にもない空ではなく、何でも ある「空」でなければならないが、それも国民次第である。「力の源泉」としての「空」であることが望ましいが、それも国民次第である。

 中沢新一は、「主権者」に関連して、次のようにいう。
 『 正統なる「主権者」を、現実の権力者たちの間を廻って探し求めるのは無駄なことだ。そうした 「主権者」たちは、国家が出現して以来、地上を支配し続けてきたが、彼らのすべてが偽物なのだ。世界をなりたたせている「力の源泉」の秘密を知っている者 は、そこにはいない。歴史のゴミ捨て場、記憶の埋葬場にこそ、それはいまもいる。』・・・と。あるいは、
『 古代の王たちから現代のグローバル資本主義にいたるまで、偽の「主権者」たちによってつくりあ げられてきた歴史を終わらせ、国家と帝国の前方に出現するはずの、人間たちの新しい世界について、もっとも正しいヴィジョンを抱きうるものは、諸宗教の神 ではなく、長いこと歴史の大地に埋葬され、隠されてきた、この「世界の王」をおいて、ほかにはない。』・・・と。
  中沢新一が言っている上記の文中、偽の「主権者」という言葉があるが、これは天皇を含めて言っているのだと思う。この点につき、私は、さすがの中沢新一にも何か思い違いがあるように思われ、残念である。
 私の考えでは、天皇は、わが国の「歴史と伝統・文化」の象徴であり、「世界の王」である必要はまっ たくない。「力の源泉」に満ちている必要はない。それが望ましい姿だとしても、そうなるかならないかは国民次第である。つまり、そこに「力の源泉」があろ うがなかろうが、天皇は天皇なのだ。そこに「宿神」が祀られていようがいなかろうが、天皇は天皇である。わが国の民が、一人でも多く「宿神」を祀り、一人でも多く「力の源泉」に深い祈りを捧げることは、 これからの世界平和にとって極めて大事なことである。しかし、そのことは自ずと天皇に反映することであって、天皇がこうでなければならないとか、ああでな ければならないとか、そういうことではない。私たち国民が「歴史と伝統・文化」を生きている以上、天皇はそのままで天皇である。天皇は、私たち国民の象徴 なのだから・・・・。

 

« 正義の偽装(その45空なる天皇12) | トップページ | 正義の偽装(その47空なる天皇14) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/55786959

この記事へのトラックバック一覧です: 正義の偽装(その46空なる天皇13):

« 正義の偽装(その45空なる天皇12) | トップページ | 正義の偽装(その47空なる天皇14) »