« 正義の偽装(その6第1章第2節1) | トップページ | 正義の偽装(その8第1章第3節1) »

2014年2月 9日 (日)

正義の偽装(その7第1章第2節2)

佐伯啓思の「正義の偽装」その7
第1章 自由主義と民主主義について
第2節 佐伯啓司の指摘する民主主義の大欠陥2

『 わたしは「民主主義」という政治体制はたいへん難しいもので大きな欠陥を孕んでいると思っています。「民主主義」がすばらしいものであるなどとまったく思いません。しかし同時にまた、「民主主義」以外の政治体制を現状で採りえるとも思えません。とすれば、何とか民主主義を使いこなしてゆくほかないのですが、どうも「日本」と「民主主義」の食い合わせはなかなか難しいものを孕んでいるようにおもえるのです。』

『 今日の日本の政治状況はみるからに不格好なことになってしまっている。「われわれ」と同じ「庶民感覚」を期待しておき、しかも自分の利益や思いが実現されないときには、「決断しない」とか「責任を取らない」といって不平をならべるのです。』

『 「決断」はいうまでもなくまったく未知で不確実な未来へ向けてひとつの事柄を選び取ることで、そこには先見性と強い意志がなければなりませんし、「責任」の方も、選択の結果がいかなる事態を引き起こすかというある程度の因果関係の推論や予見がなければ意味を持ちません。こうしたことを予見できるのは、人並みはずれた能力なのです。(中略)つまり、指導者はわれわれとはいささか違った卓越した人物でなければならない、ということです。』

『ところが他方で、われわれの理解する「民主主義」とは、「民意を反映する政治」であり、われわれの常日頃の思いや感情や不満が政治に反映されるべきだ、という。指導者とは、われわれのいうことをよく聞き、われわれの不満を代弁してそれを解消してくれるはずの者なのです。端的にいえば、民主主義のもとでの政治とは、「庶民感覚」をもった者で、できる限りわれわれに近い人であるべきなのです。』

岩井國臣のコメント:すなわち、「庶民感覚を反映する政治」と「責任の取れる政治」とは「食い合わせ」が悪い。佐伯啓思はそういっている。食い合わせの悪い食べ物の代表的なものは「鰻と梅干し」だが、私は両方とも大好きだ。しかし、それらを同時に食べることは避けている。食い合わせの悪い食べ物は結構数が多いが、そういう食い合わせの悪いものを同時に食べてはいけない。体の調子が悪くなるのだ。それと同じように、食い合わせの悪い「庶民感覚を反映する政治」と「責任の取れる政治」を同時に求めていると、国全体の調子が悪くなる。それらは別の次元の問題であり、互いに矛盾する問題だ。一般に、矛盾する問題の解決は大変難しいが、佐伯啓思の指摘するこの問題の解決も大変難しい問題である。

『 「決断」と「責任」の主体を作れば本当の民主主義が実現する、などというものではありません。わたくしは、別に、「だから日本には民主主義など成立しない」といっているわけでもなく、また「だから日本人はダメなので」といっているわけでもありません。ただ、「日本的なるもの」と「近代民主主義」の結合には何か基本的な難点があると思うのです。そのことをしっかりと自覚しておく必要があるでしょう。』

岩井國臣のコメント:。「日本的なるもの」と「近代民主主義」の結合には何か基本的な難点があるという佐伯啓思の見解に私は賛成だ。憲法改正にあたっては、そのことをしっかりと自覚した上で、私たちは、「日本的なるもの」の結晶としての「日本型の民主主義」を模索しなければならないのではなかろうか。後ほど述べるように、佐伯啓思は、日本の政治形態として、政治の権力と天皇の権威との複合形態に思いを寄せているようだが、私は、天皇の権威があまねく国民に浸透していくと、ひょっとしたら政治的食い合わせの問題は解決するかもしれないと思う。佐伯啓思は示唆を与えているだけで問題解決の方策までは言及していない。そこで私は、この際、「天皇の権威の下で責任ある民主政治を行うにはどうすればいいか?」という問題提起をしておきたい。しかし、紙枚の関係もあるのでここでは問題提起だけにとどめ、このことについては、別途機会を改めて書きたいと思う。結盟団事件を念頭において、私の「リーダー論」を展開したいという訳だ。乞うご期待!

« 正義の偽装(その6第1章第2節1) | トップページ | 正義の偽装(その8第1章第3節1) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/54922061

この記事へのトラックバック一覧です: 正義の偽装(その7第1章第2節2):

« 正義の偽装(その6第1章第2節1) | トップページ | 正義の偽装(その8第1章第3節1) »