« 平安京の道教遺跡(その1桓武天皇) | トップページ | 平安京の道教遺跡(その3四神相応の地・平安京) »

2013年12月 1日 (日)

平安京の道教遺跡(その2道教の聖地・交野)

平安京の道教遺跡

その2 道教の聖地・交野

前回の説明の中にあるように、桓武天皇が若い頃、たびたび「交野」に出向いて、百済王一族と交流。道教が身に付いた。その「交野」は、京都と奈良の中間、木津川が淀川に合流する大山崎の少し下流にある。大山崎は、豊臣秀吉が明智光秀と織田信長の弔い合戦を戦った所で知られているが、淀川の右岸川近くに長岡京があるし、淀川左岸川近くに岩清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)がある。石清水八幡宮は、旧称は男山八幡宮。三重の伊勢神宮・京都の賀茂神社とともに日本三社の一社。「交野」はそれらに近い。

https://maps.google.co.jp/maps?q=%E4%BA%A4%E9%87%8E&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja-JP-mac:official&hl=ja&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wl

「交野」が道教の聖地であったことは、先に述べた通りであり、特に説明はいらないだろう。関係のホームページを紹介しておこう。皆さんも、機会があれば是非「交野」にお出かけ下さい。

http://murata35.chicappa.jp/shuhenkaido/katanogahara01/index.htm

« 平安京の道教遺跡(その1桓武天皇) | トップページ | 平安京の道教遺跡(その3四神相応の地・平安京) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/54109696

この記事へのトラックバック一覧です: 平安京の道教遺跡(その2道教の聖地・交野):

« 平安京の道教遺跡(その1桓武天皇) | トップページ | 平安京の道教遺跡(その3四神相応の地・平安京) »