« 伊勢神宮の道教遺跡(その5伊勢神宮の秘密) | トップページ | 平安京の道教遺跡(その1桓武天皇) »

2013年11月29日 (金)

伊勢神宮の道教遺跡(その6伊勢神宮の蕃塀)

伊勢神宮の道教遺跡
その6 伊勢神宮の蕃塀

なお、先に述べた蕃塀(ばんぺい)に相当するのが、「日本の道教遺跡を歩く」(福永光司、千田稔、高橋徹共著、2003年10月、朝日新聞社)では「泰山石敢当」と言っているが、道教では「大影壁(だいえいへき)」である。この「大影壁(だいえいへき)」については、私の書いたホームページがあるので、ここに紹介しておく。私はそのホームページで次のように述べている。すなわち、

『 さあここらで日本との繋がりの関係で、ぜひとも説明しておきたいことがある。一つは沖縄の「石敢當(せっかんとう)」との繋がりであり、二つ目は「七福神」との繋がりである。私はかって妖怪の勉強をした時、その関連で沖縄の「石敢當」のことにも触れた。
http://www.kuniomi.gr.jp/togen/iwai/akuryou3.html 

妖怪はおおむね夜中に走り回るのだが、時によりスピードがつき過ぎてT字路で曲がりきれないことがあるらしい。そのためにT字路の正面の家に妖怪が突入することがあるようで、これを弾き返すために「石敢当」が家の塀に張り付けてある。このような魔除けの風習は、どうも中国伝来のものらしく、白雲観に「大影壁(だいえいへき)」という大規模な魔除けがある。』

『 武当山にも、白雲観で説明した「大影壁(だいえいへき)」があるので、次にそれを紹介しておきたい。』・・・と。

http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/doukyoni.pdf

« 伊勢神宮の道教遺跡(その5伊勢神宮の秘密) | トップページ | 平安京の道教遺跡(その1桓武天皇) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/54089255

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢神宮の道教遺跡(その6伊勢神宮の蕃塀):

« 伊勢神宮の道教遺跡(その5伊勢神宮の秘密) | トップページ | 平安京の道教遺跡(その1桓武天皇) »