« 私の電子書籍「書評<日本の文脈>」終章 | トップページ | 私の電子書籍「さまよえるニーチェの亡霊」序章 »

2012年10月12日 (金)

私の電子書籍「さまよえるニーチェの亡霊」

今、日本もそうだが、世界は「人間が生きる最高の価値観」を失ってニヒリズムに陥っている。そのニヒリズムから脱却して私たち人間が生き生きと生きていくためには、何をなすべきか? それを一言で言えば、ニーチェの考えを中心としてハイデガーやホワイトヘッドらの哲学のいいところ取りをして、ニーチェの哲学を超えた新しい哲学の方向を見定めて、具体的な運動を展開することだ。


私の電子書籍「さまよえるニーチェの亡霊」は、電子書籍ショップで購入していただけると誠にありがたいと存じます。
http://honto.jp/ebook/search.html?athid=1001816269

« 私の電子書籍「書評<日本の文脈>」終章 | トップページ | 私の電子書籍「さまよえるニーチェの亡霊」序章 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/47417882

この記事へのトラックバック一覧です: 私の電子書籍「さまよえるニーチェの亡霊」:

« 私の電子書籍「書評<日本の文脈>」終章 | トップページ | 私の電子書籍「さまよえるニーチェの亡霊」序章 »