« 天籟人籟(てんらいじんらい) | トップページ | 第1章第11節 直観と直感は違う!直観は凄い! »

2011年7月25日 (月)

第1章第5節 私たちは宇宙の「場」の作用を受けてこの世に誕生した

5、私たちは宇宙の「場」の作用を受けてこの世に誕生した

量子物理学でいうところの「場」とは,空間において,ある性質を持った特定の物質が存在する場合に,その物質に作用し,何らかの力が発生させるという・・・空間的な性質である。磁場は私たちが日常経験するのでイメージしやすいだろう。そこに磁石をおけば磁力という力が発生して磁石に作用する。重力場や電場も、磁場と同じようなものであって、重力場では重力という力,電場では電気的な力が発生する。

さて、重力について基礎的な勉強をしておこう。 太陽のような星や銀河の構造や進化を決めている最も重要な力は重力である。宇宙に重力場という「場」があるので、そこに質量を持った物質があると、その質量に応じて引力という重力が働くのである。月の引力というものは,宇宙空間に重力場があるから発生している。海における潮の満ち引きは月の引力の変化に応じて起っている。潮の満ち引きというものは私たちに身近な現象であるが、もっと身近でもっと重要な話をしよう。それは「月のもの(月経)」という女性の生理の話である。「月のもの(月経)」という女性の生理は月の運行と密接に関係している。これは疑う余地のない科学的事実として皆さんにも認めてもらえると思う。ということは、宇宙の「場」というものが女性の身体に作用している・・・ということなのだが、このことは認めていただけるであろうか。まずこのことをしっかり認識しておいてもらいたい。

ドイツの有名はギタリストで指揮者でもあり作曲家でもあるベーレントという人がいた。1990年9月に亡くなったので,はや20年が経った。ベーレントは昭和天皇の前で演奏をしたこともある非常に立派な音楽家である。そのベーレントが「天空の音楽」ということを言い,「世界は音」という名著を書いた(日本版1986年1月,大島かおり訳、人文書院)。そのベーレントが、「天空の音楽」として、太陽系惑星から地球に降り注ぐさまざまなリズム(波動)を音に変換して,そのカセットを上記「世界の音」(日本版)の出版に併せて別途販売することにした。「リズム論」で独特の哲学を編み出した中村雄二郎は、上記のベーレントが出している惑星の奏でる音楽を聞いた後で、室岡一(日本医大教授、故人)氏が録音された胎児の聞く母親の胎内音を聞き、その両者が非常によく似ている・・・と言うことを発見されたのである。

私の広島時代の経験だが,中国山地を中心に、瀬戸内海側、日本海側、もう過疎地域ばっかり。だいたい昭和33年ぐらいをピークにして、ものすごい過疎が進行した。日本の中でも最も最初に中国地方の過疎が始まった。そして、もっとも先鋭的に中国地方の過疎が進行した。全国の中で最もひど状況。集落でなくなったところも少なくないし,そこまでいかなくっても、もう、年寄りばっかりで、お祭りはおろかお葬式も出すのも難儀しているという集落がいっぱい出てきた。あるいはそこまでいかなくっても、若い人も若干いるんだけれども、嫁さんが来ない。40いくつになっても独身と、だから青年部の集まりがあっても、嫁さんの話をするのはタブーだ、という集落もある。大変な状況になっている。
 私は、仲間と相談し,中国地方地域づくり交流会という組織を作り,いろんなことをやったが,やはり根本的に地域づくりの哲学が必要ではないか,国づくりの哲学が必要ではないか・・・ということで、修道大学の香川学長などとも相談し,「哲学の道研究会」というものを作った。第一回は梅原猛さんをお呼びし、それから三回目だったと思うが、当時の時めく哲学者、中村雄二郎さんをお呼びした。「先生、21世紀はどんな時代になるんですか?」と、聞いたら、先生は「リズムの時代になる」とおっしゃったが、講演会の最後に突然会場一杯に音を鳴らされた。それがベーレントの「天空の音楽」だったのである。私は確かにそれを聞いた。胎児は母親の腹の中でへその緒と繋がっている。腹の中で胎児が聞く音、それが「天空の音楽」である。大事なのはハーモニー。リズムと共振、それが中村雄二郎の「リズム論」だ。リズム、共振、、ハーモニー、響き合いである。宇宙との響き合いだとか自然との響き合いだとか、そういう響き合い。人々との響きあい,大事なのは響き合いである。求めて、求めて……一目ぼれとか、なんか響き合うものがある。中村雄二郎は、私たち人間も,植物とも、花ともそういう響き合いがあるというようなことを言われている。

さあ,そこで,もっとも大事なことを申し上げておきたい。私たちすべての人間は,「胎児のときに宇宙の波動を受けている」という科学的事実である。このことをしっかり認識してもらわないと,これから先の話を進められないので,是非とも,私たちすべての人間は,「胎児のときに宇宙の波動を受けている」という科学的事実をしっかり認識しておいてもらいたい。

私たちは宇宙の「場」の作用を受けてこの世に誕生した・・・のである。

すなわち、宇宙には、いろんな波動があり,磁場,電場,重力場などの「場」をとおして,物質にある作用を及ぼしているが,私たちの脳もその作用を受けている。

« 天籟人籟(てんらいじんらい) | トップページ | 第1章第11節 直観と直感は違う!直観は凄い! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117507/40950959

この記事へのトラックバック一覧です: 第1章第5節 私たちは宇宙の「場」の作用を受けてこの世に誕生した:

« 天籟人籟(てんらいじんらい) | トップページ | 第1章第11節 直観と直感は違う!直観は凄い! »